トップへ » 理事長挨拶 » 医院設備について » 歯科用CTの導入により、レントゲンは2次元から3次元に!

歯科用CTの導入により、レントゲンは2次元から3次元に!

歯科用CT皆様は、デンタルCTをご存知でしょうか。

歯科では、歯やあごの骨の状況の診査・診断に関しては、一般的にパノラマX線写真やデンタルX線写真を用いて行っております。これらの装置では2次元的画像であるため診査・診断に限界がありましたが、最近では歯科用CT装置の発達で3次元的に診査・診断が出来るようになり、今まで十分に診断出来なかった事項をより詳細かつ正確に出来るようになったのです。

CTを用いての診査・診断はインプラント治療のみならず、根の治療・歯周病・顎関節症等、幅広く威力を発揮し、非常に有効です。

そこで木原会では、皆様に今まで以上に多くの情報をご提供し確実な診断を行うために、東戸塚医院にデンタルCTを設置いたしました。(新杉田の方も東戸塚医院にて撮影できます)

東戸塚医院に設置したCTは、少ないX線で撮影が出来るものを設置いたしました。いつもご覧になるレントゲン写真よりも今の状態が立体的にご覧になれ、どんな状態か把握しやすく、きっと立体的な画像に驚かれると思います。

CT撮影料金 ¥20,000(別) *健康保険対象外となります。


トップへ » 理事長挨拶 » 医院設備について » 歯科用CTの導入により、レントゲンは2次元から3次元に!


文字サイズ
を変更する