トップへ » 理事長挨拶 » 医院設備について » 放射線量の少ないデジタルレントゲン

放射線量の少ないデジタルレントゲン

デジタルレントゲン正確な診断と精度の良い治療を行うために、レントゲン画像は欠かすことができません。しかし放射線の被曝量は最低限でとどめたいものです。

当院では、デジタルレントゲンを使用しているため、放射線量の被ばく量は従来のレントゲンに比べ1/10以下。日常生活の自然放射線量と大差がなく、一生のうちで110万枚撮影しなければ体に影響を及ぼしません。


トップへ » 理事長挨拶 » 医院設備について » 放射線量の少ないデジタルレントゲン


文字サイズ
を変更する