トップへ » 理事長挨拶 » スタッフ募集 » 『Kihara Style』 木原会を支える4つのスタイル

『Kihara Style』 木原会を支える4つのスタイル

Kihara Styleその1 「若いスタッフの提案は、必ず実行する!」
木原会には、後輩の出した提案は全員で応援し、実現させる!というルールがあります。「新人だから」という遠慮は無用! 勤務年数が浅ければ浅いほど受け入れてもらえるはず。
「こういうことがしたい!」ということがあったら迷わず院長や先輩に言ってみよう。

その2 「木原会の理念」
私たちの仕事は、お客様の健康を守り、人生を豊かに快適に過ごしていただくこと
これは過去も未来も永久に変わることのない木原会の理念です。
私たちは歯の処置と予防を日々行っているが、歯石を取る、虫歯を削るという作業を行うことを『仕事』だとは思っていない。
木原会のスタッフになったら・・・あなたの仕事は何ですか?と聞かれた時、こう答えよう!
口腔内を通してその方の生活をサポートすること』と!

その3 「徹底したお客様目線」
歯科医療は相手の立場に立ってコミュニケーションを取り、診療を行うことが何よりも大事で、お客様と接するスタッフ一人一人の役目はとても重要です。
お客様とともに一喜一憂できるスタッフの心が、この木原会を支えています。

その4 「全員参加型経営」
一定の勤続年数になると昇給しなくなったり、10年以上も同じ業務内容では仕事に満足できなくなってしまう・・・これは実に悲しいことです。
「スタッフには、自分の家族を養えるだけの収入をもち、常に成長できるやりがいのある仕事を任せたい!」という考えから、スタッフがずっと勤められるように『全員が経営に参加する』という形が生まれました。
DrもDHもDAもスタッフ全員が、8部門に分かれて経営に参加し運営しているのも、木原会ならではの魅力です。


トップへ » 理事長挨拶 » スタッフ募集 » 『Kihara Style』 木原会を支える4つのスタイル


文字サイズ
を変更する