«  2016年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« Pay it Forward ~『次へ渡そう!』運動~ | メイン | DH 1年生の奮闘記 »

2011年3月 4日

DHのAKKです。
戦時中に書かれた書籍で、日本全国の伝統工芸品について著作者の心のままに細かく書かれた本を読み、深く心に残っています。その本の中に、
『手が機械と異なる点は、それがいつも直接に心と繋がれていることだ。
手はただ動くのではなく、いつも奥に心が控えていて、これがモノを創らせたり、働きに悦びを与えたり・・・それゆえ手仕事は心の仕事だ』
 (岩波文庫:柳宗悦著『手仕事の日本』)

この1節を読んだ時に、歯科医療という私の仕事は伝統工芸品を作る仕事ではないが、いつもお客様を思い、『施術』という創作をさせていただき、『健康』という形で完成しているんだ・・・と感じた。そして相手がモノではなくヒトであるゆえ、もっと丁寧に!もっと精密に!もっといい方法で!・・・と、日々模索し、もがき苦しんでいるけれど、両親が大切に育んでくれたこの健康な手を使わせてもらっているんだぁと、あらためて感謝しました。

木原会の理事長は口酸っぱくして皆に伝えることがあります。


自分の口(歯)じゃないんだから、自分が出来る最大の努力をしなさい!
昨日より今日、今日より明日、もっと上手になろう!という気持ちで施術しなさい!
そして医療人で一番大切なことは、自分のことより相手を第一に優先して考え行動できる『利他主義』な人になりなさい!


木原会のスタッフはいつもこのスピリッツを大切にして仕事をしています。この精神から生み出される技術こそ、木原会の伝統工芸であり、この春入社してくる新スタッフに継承していくことです。
そして私も日本が誇る『伝統の手仕事』を担っているんだ!と胸を張って言えるよう頑張ります!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kiharakai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/341

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
木原会郎

木原会ウェブサイト

医療法人社団木原会は、お客様に選ばれる歯医者さんとして、お客様に寄り添った診療ができればと考えております。

歯のトラブルかな?と思ったら、ぜひお気軽に当院までご連絡ください。

お待ちしております。