医院ブログ

木原会ブログ

神奈川県の横浜と東戸塚のインプラント、歯医者、木原会では受診予約を受付中

浅草七福神めぐり

こんにちは。木原歯科・新杉田医院の樫尾です。

先日、浅草七福神巡りに行って参りました。
七福神巡りは七つの幸福をすべて頂けて、運気が上がるそうです。

七福神巡りですが、九ヵ所の寺社を回ります。
なぜかと言うと寿老人様と福禄寿様が別々の神社にいたりするので、二箇所多く回ります。色紙に一個ずつ御朱印を頂き、最後に真ん中に一番ご利益をもらいたい神様の印を頂きます。

私は矢先稲荷神社→鷲神社→吉原神社→ 石浜神社→橋場不動尊→今戸神社→待乳山聖天→浅草神社→浅草寺と、周りました。
途中、バスに乗りましたが、歩いての参拝をしましたので、4時間半ほど、かかりました。
普段、歩かない私にとってはいい運動にもなりました。

頂いた御朱印色紙寝室に飾ると悪い夢を払い、良い夢を叶えてくれるご利益がアップするそうで す。

コロナなどで、気持ちが上がらなかった今年。
来年は、明るい1年になりますよう、 ご利益に授かれれば、嬉しいと思います。


三菱一号館美術館

こんにちは。木原歯科・内科医院 歯科スタッフの松山です。

先日、丸の内の三菱一号館美術館のイスラエル博物館所蔵、印象派・光の系譜展を見に行って参りました。

コロナ感染者数も落ち着いて来ていますが、美術館でも密にならない様に、人数制限をしていました。
希望の時間帯のチケットを予約して入場したので、並ばすに入場出来、ゆったりと鑑賞する事が出来ました。


1800年代後半から1900年代前半のモネ、ゴッホ、セザンヌ、ルノアール等の作品が展示されており、初来日の作品も何点かありました。
当時のヨーロッパの田舎や都市部の風景、人物静物が中心で、柔らかな日差しや空気、また当時の人々の生活が伝わって来る絵画が多くありました。
また、有名なモネの睡蓮の連作もあり、優しい穏やかな色使いで、夏の睡蓮が咲く水辺の光景が目に浮かぶ様でした。

久し振りに美術館に行く事が出来、良い休日が過ごせました。
いつの日か、ゆっくりとヨーロッパの美術館巡りをしたいなぁ~と、夢みております。


葛西臨海水族園

こんにちは。
東戸塚医院(木原歯科・内科医院) 歯科衛生士の小島です。

先月初めのことですが、以前よりコロナ感染者も減り気候も過ごしやすくなったので少し遠出したいなと思い、葛西臨海水族園へ行ってきました!

母に聞くと小さい頃に連れて行ってもらったことがあったそうなのですが、全く覚えていなく、、、
友人がインスタグラムに投稿しているのを見て、行ってみたいなと思いました。

行ったことがある方はご存じかと思いますが、水族館がガラスドームになっていてまさにインスタ映えな建物でした!
記念に写真を撮ってもらったのですが、うっかり建物だけで撮るのを忘れてしまったので興味のある方は検索してみてください!笑
素敵な画像がたくさん出てきます(^^)

この水族館の見どころはガラスドームはもちろん、2200トンの水槽を群泳するクロマグロがいることと、国内最大級のペンギン展示場があるところだそうです。
マグロの大群はとても迫力があり、たくさんのペンギンにとても癒されました(^^)
ペンギン好きにはたまりません♡
他の水族館と違いショーなどはありませんでしたが、700円で入れるのでドライブで少し出かけたいときにオススメです!

他にオススメの水族館、動物園あったら教えてください~!


いよいよ12月

皆さん、こんにちは。
木原歯科・内科医院、歯科スタッフの畑です。

いよいよ今日から12月です!
12月に入ると、クリスマスやカウントダウンにお正月・年末年始の準備で、慌ただしくなります。慌ただしいのも、楽しいくらいです。

イベントが沢山あるので、私は12月が大好きでした。
しかし、コロナ感染拡大により、ここ2年忘年会も無くなり、お正月は実家にも帰らず、友人にも会えず、楽しいことがありません。
ひたすら家で、過ごしていました。

楽しかったコロナ前の年末年始は、いつになったら戻ってくるのでしょうか?


大人時間

こんにちは。
木原歯科・内科医院 歯科スタッフ中村です。

今年も残りわずかですね。年々1年があっという間に過ぎていきます。
調べてみたら~大人になると時間が早く感じるわけがある~そうです。

それは『ジャネーの法則』によるもので、
19世紀のフランス哲学者ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。
「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられる」
という現象を心理学的に説明したもの。とのことです    wikipediaより引用

ジャネーの法則によると「時間の経過の早さ」は「年齢に比例して加速する」と言われていて
*1歳のときの一年は、全人生の1/1
*5際のときの一年は、全人生の1/5
*50歳のときの一年は、全人生の1/50


つまり、50歳の人にとっての10年は5歳の人にとっての一年にあたり、5歳の人にとっての一日は50歳の人にとっての10日にあたるそうです。

人は初めてのことや、経験したことがないことをやっている時はそれが強く印象に残り、時間が長く感じる。反対に慣れてしまうと時間の長さが気にならなくなり、あっという間に時間が過ぎたように感じる。
それは大人になるにしたがって新しい経験をする機会が少なくなり、日々の生活に新鮮味がなくなるからだとも言われていて、これらの感じ方も『ジャネーの法則』に関係しているようです。


幼少期は年間行事、遠足やクリスマス・お正月と早く来ないかなぁーと楽しみにしていたものです。

大人になった今は気がつけばもう年末・・・。

感染者が減少しているとはいえ、まだ安心して思うように行動出来ないですが、ちょっとしたことでも新しいことへの挑戦をして来年は充実した年にしたいですね。