トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科 » 歯を抜かなければならないケースもあります

歯を抜かなければならないケースもあります

歯を抜かなければならないケースもあります治療を受けるにあたり、「虫歯がない歯を抜かなければいけないの?」といった不安をお持ちの方も多いことでしょう。確かに顎の成長が終わっている成人の場合は、歯を抜かなければならないこともあります。

抜歯を行う理由には、次の二つがあります。「顎の大きさに歯が並びきらない」「上下の並びにおいて元々の歯の本数が違う」これらの場合、歯が移動できるスペースを作るために抜歯を行うのです。

しかし、年齢や歯や顎の状態や、全部の歯の矯正か部分矯正なのかによっても異なるため、必ずしも抜歯が必要とは限りません。当院では検査結果をもとに、矯正の担当医が一人ひとりのお客様に合った治療方法をご提案しますので、ご安心ください。
 


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科 » 歯を抜かなければならないケースもあります


文字サイズ
を変更する