舌の話

木原会ブログ

神奈川県の横浜と東戸塚のインプラント、歯医者、木原会では受診予約を受付中

舌の話

今回、ブログを担当する新杉田医院の衛生士の斉藤です。

 

少しずつ秋らしくなってきた今日この頃…よく思えばコロナ対策の為に去年よりマスクをする時間が長くなり、自分のお口のにおいや異常に気付く方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回はお口の中の舌についてお話ししたいと思います。

 

あっかんべーとすると自然に出てくる舌。

 

本来の健康な舌は丸く淡いピンク色で表面に味を感じる味蕾という場所があり、そこに膜のようなもの、舌苔が薄く白く出来ているのが正常です。

では、「舌苔」とは何でしょうか?

答えは「お口の中の細菌や食べかす、口の中の剥がれ落ちた粘膜などがくっついたもの」です。

大量についてしまうと、味を感じにくくなってしまったり、口臭の原因になる事もあるのです。

 

まず、舌苔が大量についてしまう原因としては…

・舌の動き自体の低下

・唾液の量の不足や口呼吸による自浄作用の不足

・お口全体の清掃不足があげられます。

 

では、私たちはどうすればよいのでしょうか?対策としては…

・舌を動かす体操を取り入れる(舌を上⇒下⇒右⇒左と動かしましょう)

・日頃の食事に煮物や生野菜などの噛み応えのある物を意識的に取る

(噛む事によって唾液が出やすくなります)

・舌ブラシを取り入れる(付着している量が多くなる朝がおすすめです。)

 

日々の歯磨きの時に鏡で見るようにしていくと違いが見えてくると思います。

是非、確認してみてください。

 

関連する記事

  • 待ち遠しい時間2021年5月19日 待ち遠しい時間 木原歯科・内科医院 (歯科)の中村です。 1年に1回の楽しみにしていた「旅行」。 連休で休むことができればどこかに行きたくな […]
  • New-year花火 & 初日の出2022年1月5日 New-year花火 & 初日の出 東戸塚医院 歯科受付の奥山です。 明けまして おめでとうございます 本年も […]
  • 〇〇の秋2020年11月10日 〇〇の秋 こんにちは、技工士の菅井です。   立冬を過ぎましたがまだまだ汗ばむ日も多く運動するにはいい気候… […]