クリスマス

木原会ブログ

神奈川県の横浜と東戸塚のインプラント、歯医者、木原会では受診予約を受付中

クリスマス

皆さんこんにちは。

木原歯科・内科医院 歯科スタッフ:畑です。

 

今年は年始から年末まで新型コロナで異常な1年でした。

お花見、夏祭り、ライブイベントなどはなく、思い出のない年で、あっという間に12月となりました。

12月といえばクリスマスに年越しのカウントダウン、楽しい事がたくさんです!

 

今でもはっきり覚えているのが、クリスマスです。

まだ小学2年生の私は純粋にサンタクロースの存在を信じて、毎年枕元のプレゼントをドキドキしながら待っていました。

が…、夜遅くにガサガサと音に目が覚め、うっすらと目を開けると、何故かお隣に住んでいる母と仲良しのおばさんが、枕元に何かを置いて出ていきました。

「え?」「なに?」「は?」という感じでサンタクロースの現実を知りました。

 

そんな事を知らない両親には、翌年も、「そろそろサンタさんにお手紙書かないとプレゼントが貰えないわよ」と言われましたが、私はサンタクロースは実在しないと分かり「いいから、新しい自転車買って!黄色の自転車が欲しいから」と言いました。

父は何かを察したようで無言でしたが、母はかなりしつこく、サンタクロースはいるんだと絵本までだしてきて、私を説得していました。

このことは、大人になってから、母に伝えました。

びっくりした顔で「あら~見ちゃったの?おばさんたまたま遅くまでうちのいたのよー」と長々と説明しました。

そんな私も、子供達に毎年サンタさんに手紙を書かせていましたが、ある年、長男が「サンタクロースなんていないから手紙も書かないし欲しいゲームソフトがあるから買って!」と言ってきました。

あれ?どこかで聞いたぞ?

そうなんです!私が小さい頃に両親に言ったセリフを、今度は私が言われてしまったのです。

長男に話を聞いたら、「だって夜中にパパが入ってきて起きちゃったよ~。ババが、あっ!起きちゃった?ごめんね!早く寝なさいって、プレゼント置いていった。」とのことでした。

皆、様々な状況で、実はサンタクロースは両親であるという現実を知ることとなると思いますが、私達親子は同じような経緯で現実を知ってしまった訳です。

皆さんはどの様に知りましたか?

 

今年は新型コロナの影響で盛大なクリスマスはできませんが、サンタクロースが枕元にそっとプレゼントを置いていくことでしょう・・・。

 

関連する記事

  • 在宅医療・公費負担医療講習会2022年1月12日 在宅医療・公費負担医療講習会 こんにちは。内科受付の西山です。 先日、神奈川県保険医協会の在宅医療点数研究会・公費負担医療等講習会に参加いたしました。今 […]
  • 吹奏楽コンクール2020年8月1日 吹奏楽コンクール こんにちは、木原歯科・内科医院 内科看護師の漆原です。 現在全国でコロナウイルスの感染者が再拡大しており、みなさま不安な日 […]
  • 初 メンテナンス2021年6月5日 初 メンテナンス こんにちは。 木原歯科・内科医院(歯科)スタッフの松山です。   先日お休みの日に勤務先の医院にて、 […]