«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 医療事務講座 | メイン | 「運動会」 »

2019年11月 2日

こんにちは、内科看護師の漆原です。
今年もインフルエンザワクチンの予防接種が始まっています。
昨年、一昨年はワクチン不足でみなさまにご迷惑をおかけしましたが、今年度のワクチンの入荷は今のところ安定しています。

インフルエンザはワクチンを接種すれば絶対にかからないというものではありませんが、重症化防止には有効と報告されています。
191102.jpg
今シーズンのインフルエンザワクチン製造株はA型2株、B型2株の4価のインフルエンザHAワクチンとなっており、毎年流行するウィルス株は異なりますのでそのシーズンに流行が予想されるウィルスに合わせてインフルエンザ株が決定され製造されています。
その年によって統一されているので日本全国どこの医療機関でも同じ型のワクチンを接種できます。

ワクチンの効果は約5ヶ月といわれており、抵抗力がつくのは接種から約2週間後です。
毎年12月頃からインフルエンザが流行しますので、10月~11月中の接種をおすすめします。

私の息子、娘の話ですが幼少の頃、ワクチン接種をしていても毎年どちらかがインフルエンザにかかってしまい、同じシーズンにA型、B型、両方発症なんてこともありワクチンの効果に疑問を持つこともありました。
ワクチン接種にはそれぞれの考えがあるとは思いますが、インフルエンザは変異しやすく生涯免疫は得られないこと、今年は息子が受験生であり「発症しても重症化させない」ためにも、やはりワクチン接種をしようと思っています。

ワクチンご希望の方には接種いただけるよう準備はしていますが、在庫がない場合もありますので事前にお問い合わせください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kiharakai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/462

木原会郎

木原会ウェブサイト

医療法人社団木原会は、お客様に選ばれる歯医者さんとして、お客様に寄り添った診療ができればと考えております。

歯のトラブルかな?と思ったら、ぜひお気軽に当院までご連絡ください。

お待ちしております。