«  2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 「入れ歯」の歴史 | メイン | クリスマス »

2019年12月19日

新杉田医院の衛生士、斎藤です。

12月も半ばを過ぎ、年末が近づいてくるのをひしひしと感じます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今回は突然ですが、こんな言葉を紹介したいと思います。
「ひみこのはがいーぜ」という言葉があるのをご存じでしょうか?
咬む事によって起きる効果を示した標語があるそうです。

1912齋藤.jpg

卑弥呼が生きていた弥生時代は木の実や玄米など硬いものが主食で3990回も噛んでいたそうですが、現代においては柔らかく簡単に飲み込めてしまう食品が多く、その分、噛む回数が620回まで減ってきているのです。

こんな標語がある位、噛むという事がいかに大事であるかがわかりますね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kiharakai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/466

木原会郎

木原会ウェブサイト

医療法人社団木原会は、お客様に選ばれる歯医者さんとして、お客様に寄り添った診療ができればと考えております。

歯のトラブルかな?と思ったら、ぜひお気軽に当院までご連絡ください。

お待ちしております。