«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年11月13日

みなさま、こんにちは。内科の看護師:遠海(とおみ)です。

先月、子供の運動会がありました。
雨で1日延期となりましたが、当日は晴れ間も見え運動会日和でした。
191113.png
小学校の初めての運動会、シートを敷いて応援...と思っていたら、シートを敷く場所、時間まで決まっており驚きました。運動会当日は、全校生徒とその両親、祖父母など...多くの人にまた驚きました。

親たちは、立ち見で自分の子供の番が来たら前に行き応援する、というスタイルでした。
事前に配布された学年の番号が書かれたシールを肩に貼って、周囲に分かるようにしていました。
何とか無事に我が子の一生懸命走る姿を見ることができ、一安心でした。

色々なプログラムの中でも、6年生のソーラン節や高学年リレーは圧巻でした。
先生方に加え、高学年の児童は運営を手伝い運動会を作り上げていたので、本当にお疲れ様でした、そして素晴らしい運動会をありがとう!と伝えたい気持になりました。

暦の上では、もう冬ですね。風邪など引かないよう、温かくしてお過ごし下さい。

2019年11月 2日

こんにちは、内科看護師の漆原です。
今年もインフルエンザワクチンの予防接種が始まっています。
昨年、一昨年はワクチン不足でみなさまにご迷惑をおかけしましたが、今年度のワクチンの入荷は今のところ安定しています。

インフルエンザはワクチンを接種すれば絶対にかからないというものではありませんが、重症化防止には有効と報告されています。
191102.jpg
今シーズンのインフルエンザワクチン製造株はA型2株、B型2株の4価のインフルエンザHAワクチンとなっており、毎年流行するウィルス株は異なりますのでそのシーズンに流行が予想されるウィルスに合わせてインフルエンザ株が決定され製造されています。
その年によって統一されているので日本全国どこの医療機関でも同じ型のワクチンを接種できます。

ワクチンの効果は約5ヶ月といわれており、抵抗力がつくのは接種から約2週間後です。
毎年12月頃からインフルエンザが流行しますので、10月~11月中の接種をおすすめします。

私の息子、娘の話ですが幼少の頃、ワクチン接種をしていても毎年どちらかがインフルエンザにかかってしまい、同じシーズンにA型、B型、両方発症なんてこともありワクチンの効果に疑問を持つこともありました。
ワクチン接種にはそれぞれの考えがあるとは思いますが、インフルエンザは変異しやすく生涯免疫は得られないこと、今年は息子が受験生であり「発症しても重症化させない」ためにも、やはりワクチン接種をしようと思っています。

ワクチンご希望の方には接種いただけるよう準備はしていますが、在庫がない場合もありますので事前にお問い合わせください。

2019年10月29日

こんにちは、内科受付の西山です。
前回は5月にブログを担当させていただきました。

先日、神奈川県保険医協会が主催する、医療事務講座に参加してきました。
会場はJR東神奈川駅すぐ近くにある「かなっくホール」だったのですが、19:00開始のため終業してからでは間に合わず、業務を30分早退し大急ぎでの入場となりました。
会場には私と同年代と見られる女性たちがズラリとすでに着席し、満席ではなかったものの、かなりの人数だったのではないかと思います。
191029.jpg
教材は保険医協会に入会している医院に配布されている「保険診療便覧」なのですが、
厚さ約5センチメートル、総頁数1728ページのとてつもなく重量のあるもので、持参するのに前のめりになって歩く程でした。

定刻どおり開始され、38ページの初・再診料の説明から始まったのですが、その後、45ページ、46ページ、50ページ、788ページ...と、縦横無尽に保険診療便覧のページを進み、戻り、また進み、講師の方がおっしゃるページを必死に追いかけること2時間。
最終的には1603ページまで、既知のものから算定したことのない他科のものまで、多くのことをご教示いただきました。

木原歯科・内科医院の内科受付では、患者様が受診されたあと会計をお出しするまでの間に、医科診療報酬点数表をもとに、患者様の病名と薬剤、検査内容が対応しているか、算定できるかを、カルテを全て確認し、コンンピューターに入力しています。

算定できない検査やお薬の料金を誤っていただかないようにするために、患者様になるべく早くお会計をご案内するために、日々のお勉強を欠かさないようにしていきたいと考えております。

2019年10月17日

こんにちは、東戸塚医院の衛生士:小島です。
10月初めは30度を超える日もありましたが、だんだんと秋らしくなってきましたね。

今回は8月に我が家に仲間入りしたネコのお話をさせて頂きます。
皆さんノルウェージャンフォレストキャットという品種のネコはご存知でしょうか?
名前の通りノルウェー出身のネコちゃんです。

191001.jpg

写真は生後2ヶ月の時ですが成猫になると更に毛も伸び、体重が4〜6,7キロまで成長するそうです!

今は生後4ヶ月で2.6キロなので、毎日これ以上大きくならないで〜〜と言い聞かせています。笑

我が家のネコちゃんは犬のような性格でケージから出すとずっと1人で遊んでいます。
ネコは足裏で汗をかくそうで、走り回ったあとは薄ピンクだったはずの肉球が真っピンクになっています。
凄い時は見ただけで汗をかいているのが分かるぐらい湿っていたり、お鼻まで真っピンクになっていることも、、

歯科衛生士になったからにはペットの口腔ケアもしっかりしてあげたいと思い、ネコの歯の生え変わり時期について調べてみました。

人間はだいたい6歳頃から始まりますが、成長スピードが早いネコはやはり生え変わり時期も早く、早い子で3ヶ月からだそう、、!まさに今生え変わりの時期みたいです。

先日、東戸塚医院スタッフの畑さんにネコの歯磨きグッズを教えていただいたので、使ってみたいと思います!

子猫から飼うのは初めてなので、詳しい方いたら是非お話聞かせていただきたいです(^^)

2019年10月15日

お久しぶりです。
ブログ二度目の担当をさせていただきます、東戸塚医院歯科スタッフの鈴木です。

今回も私事のお話なのですが、今月10月は有給休暇を2日頂いております。
そのうちの1日、10月14日は、当時【アメリカのSMAP】とも呼ばれていた【BACKSTREET BOYS】のライブに行く予定でした。
日本でも人気があった彼らの曲は行く先々で耳にする機会がありました。

191002.jpg

ブログには、頂いた有給でリフレッシュしてきたこと、新しく得た情報などお伝えできたらと意気込んでいたのですが・・・。

13日、関東に最も接近した台風の影響で、主催側よりライブ中止の通知が送られてきました。

13年前、東京ドームでのライブに当選して以降、友人も子育てに忙しく、落ち着いてきた今『あの時(当時23歳)の気持ちを思い出したい!』と楽しみにしていましたが、安全を考慮してとのこと。

残念ですが、また次の機会に、と楽しみにすることにします。

お客様の中にも、旅行やイベントの日程を変更せざるをえなかった方、中止になったとのお話も多々伺い、とても残念に思いますが、皆様がご無事で来院いただけていることに安心し、元気なお顔が拝見できること、とても嬉しく思っております。

今回も甚大な被害があった台風でしたが、災害に備える準備。
友人が言っていた『各世帯が隣近所と協力し合う』という言葉。
自分や家族だけでなく、改めて、自身が助けになれるよう、助けを求めてもらえるような、何かできる自分を考えていかなくてはと学びもありました。

余談ですが・・・。
私の自宅、停電もなく、大きな被害もなかったのですが・・・
夜九時過ぎ、インターホンが鳴り、家族総出で見に行ったところ人の気配もなく・・・
止まることなくしばらくの間ひたすら鳴り続けていました。
何かしらの台風の影響なのだと思うのですが・・・。

また皆様とお会いし、楽しいお話ができるのを楽しみにしております(^-^)

2019年10月 9日

こんにちは、東戸塚医院の畑です。

10月1日からいよいよ増税がスタートしましたね。
皆さんは増税前に何を買いましたか?

テレビを見ているとティッシュペーパーから車、電化製品等の高額な物まで、本当に人それぞれだなーと思いました。
私は普段から買い置きをしないので、今回の増税も普段どおりにあまり意識せず過ごしていました・・・が
掃除機を買ったスタッフの話を聞いて、駆け込みで30日に同じ掃除機を購入しました。
  
何だかんだやはり増税を意識していたんだなーと思いました。
「急に慌てて買ってるし」と家族からは笑われました。

そして増税に伴いキャシュレスです。
クレジットカードすら持っていないアナログ人間の私には、テレビやネットで説明を聞いても見てもわからず、お徳ということだけは理解できました。
とにかく面倒くさいと思っていましたが、主任が詳しかったので話を聞いてみて、いよいよキャシュレスデビューしました。

東戸塚医院の前にファミリーマートがあり、毎朝 買い物をするのでファミペイを始めました。
ですが、習慣になっていないため、普通に現金で支払うことも多く、この先自分が馴染んでいけるのか心配です。

これから益々デジタル化が進むので、時代に置いていかれてはいけないなと思う日々です。

2019年10月 3日

こんにちは、東戸塚i医院の中村です。

10月になると季節は秋本番といった雰囲気になりますね。
夜、窓を開けると秋の虫達の声がここちよく聞こえてきます。

100301.jpg

さて、10月の呼び名は神無月です。
神無月の由来は諸説あり定かではありませんが神無月の「無」は「なし」ではなく「の」の意味があり「神無月」は「神の月」の意味になると言われているそうです。

神無月には神様が出雲大社(島根県)に集まるという話があります。
日本にはたくさんの神様がいらっしゃいますがその神様が一斉に出雲大社に集まるのは
なぜなのでしょうか。

出雲大社の御祭神は「大国主大神」(おおくにぬしのおおかみ)です。
大国主大神は自分の子供達を日本各地に置き、各地を護らせ、一年に一度その子供達と他の神々を出雲大社へ呼び寄せて会議開いていると言われています。

100303.jpg.png

会議の内容は翌年の天候や農作物の収穫ですが、最大の議題は「えんむすび」だと言われ、神様達が話し合い縁を結んでいるそうです。
そのため神無月には良縁を求め、出雲大社は参拝者で賑わうそうです。

日本中の神様が出雲大社へ集まるとその間、他の土地では神様が不在になってしまいますよね。

それでは困るということで留守番をする神様もいて、地域によって異なるそうですが代表的なのが「恵比寿様」で神無月に恵比寿様に感謝し、五穀豊穣、商売繁盛などを祈願する「えびす講」が日本各地で行われているそうです。

10月、とても過ごしやすい季節です。
行楽をはじめ何をするにも適した気候なので充実した時間が過ごせそうですね!
私も旅行に行こうかと計画を立てています!

2019年9月25日

092501.jpgのサムネール画像

昭和世代の私は・・・「なに。それ???」
簡単にいうと、脳に快感を与える音らしい・・・。
若者がこぞって録音して、動画をアップしてる・・・。

一番の代表音は、咀嚼音。
お菓子メーカーの森永やモスバーガーも咀嚼音にこだわった製品を発売。
人によって、快感を感じる音が違うらしいが、
咀嚼音はそんなに快感?と思ってしまった。

噛むことは脳に刺激を与えて、ボケ防止になることはよく知られているが、
咀嚼音も脳には良いのネ!
噛むには(咀嚼音を出すには)歯がないとネ!
やっぱり歯は大事!!

092502.jpgのサムネール画像


【ASMR動画にはリラックス効果があり、少し疲れた時や眠れない夜には最適な動画】

という記事もあった・・・。

最近、ストレス溜まり過ぎか、はたまた歳のせいか、ほぼ不眠症の私。
今日は見てみようかなぁ。ASMR動画。

うん~、それよりやっぱり歯を大切に、歯磨き頑張ろうっと!!


                   木原歯科・内科医院  松本しのぶ

2019年9月18日

こんにちは、東戸塚の主任衛生士の三井です。

9月に入ってからここのところ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。(8月は暑すぎた・・)
朝夕は少し寒いくらいの日もあり秋に近づいてきたなと思います。

そんな季節の変わり目を感じる一日に『秋分の日』がありますね。
この頃は『お彼岸』とも言われていますが、有名な言葉に『暑さ寒さも彼岸まで』というのがあります。夏は暑いがお彼岸を過ぎると涼しくなるよ~とよく言われていましたが、なぜこう言うのでしょう・・・

まずは『秋分の日』って??
1年を24の期間に分けた「二十四節気」のひとつ、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日のうち「秋分点」と呼ばれる位置を太陽が通過する日のことを言うそうです。
昼と夜の長さがほぼおなじになり、秋分の日を境に太陽の出番が短くなっていくので暑さが和らいでいくということでした。

190917.jpg
そして秋分の日の前後3日間を秋のお彼岸といいます。
「彼岸」とは先祖がいる「極楽」を指し、反対の「此岸(しがん)」とは私たちが生きている世界のこと。 
仏教では彼岸は西、此岸は東に位置すると考えられ秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈むため、彼岸と此岸が最も通じやすい日と考えられています。
このことから秋分の日に先祖を供養するようになったということです。


『先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ』という意味もあるので、『秋分の日』は家族で先祖にまつわる話をしたりお墓参りにいったり供養をする貴重な一日ということになります

『暑さ寒さも彼岸まで』
~迷ったり、悩んだり、暑さやつらいことでも彼岸のころには和らいで楽になる~
という思いがこめられているようでした。

2019年9月11日

 こんにちは、歯科部長の小田切です。今日は、以前テレビでも話題になった口腔がんについて書いてみたいと思います。

 日本の口腔がんの死亡率は、全28部位中46.1%で、なんと米国の2.5倍以上の死亡率です。また、最新のWHOのデータによると、日本における口腔がんの死亡者数はうなぎ登りで増えていて、しかもここ最近では若年層、且つ、女性の患者がどんどん増加しているそうです。日本は、残念ながら先進国の中で、唯一、口腔がんの死亡数が激増している国なんですね...

190911.jpg

口腔がんは悲惨ながんです。手術になれば、舌・顎・頬の一部、もしくは大部分を切除しなくてはなりません。その結果、口の機能に大きな障害を持つことになります。
通常、がんになるまでに5年~10年かかりますので、最低でも1年に1回は口腔がん検診を受信することをお勧めします。

当院では、医科と歯科が連携してお口の中の検診やがんの細胞診・組織診が行えますので是非ご相談ください。

木原会郎

木原会ウェブサイト

医療法人社団木原会は、お客様に選ばれる歯医者さんとして、お客様に寄り添った診療ができればと考えております。

歯のトラブルかな?と思ったら、ぜひお気軽に当院までご連絡ください。

お待ちしております。